ニュースエンタメ

高齢者免許返納後の買物は?全国で展開中の移動スーパーとは何?

移動スーパーロンドン

国内で買い物難民および買い物弱者はおよそ700万人とも実は800万人以上とも言われています。地域に根付いた個人商店の青果店や精肉店、魚屋さんなど大手のスーパーの進出により、廃業に追い込まれたり、後継ぎが居ないことで閉店になったり、ご近所で歩いて行ける距離に買い物施設が無く遠くに出掛けるようになったり、歳をとると交通機関を使っての買い物はとても大変です。若くてもレジ袋を3つも4つも抱えて家路に着くのは骨が折れます。ましてやご高齢の方がバスに乗って大手のスーパーへ買い物に出掛け、買い物を持って帰って来るのは大変な重労働なのです。日本全国で大勢の方が銀行難民や買い物難民として難しい生活を強いられています。

銀行難民ってなに?

AI(人工知能じんこうちのう)の目覚ましい進化、発達により、インターネットやスマートフォンでの決済により、キャシュレス化が当たり前のようになって来ました。大手銀行でもAI化が進み、支店の閉店などでネットでの操作が出来ないシニアや高齢者が、住んでいる近くに銀行が無くなるため’銀行難民’化しています。またこの状況に追い打ちをかけるかのように、紙の銀行通帳が廃止される方向にあるようです。但し希望者には従来通り無料で発行するようですが、その紙の通帳を使って預貯金を預金したり、引き出したりするのはオンラインバンキングに慣れていない高齢者層になるわけですが、記帳や窓口でのサービスには銀行へ出向かねばならず、その支店がどんどん閉まって行くので、銀行へ行くためには遠くの支店まで交通機関を利用して行かねばなりません。これが高齢者の真剣な悩みの一つ、’銀行難民’です。

買い物難民、買い物弱者ってなに?

郊外や田舎、山間の山間部など公共の交通機関が網羅していないエリアにお住まいの方や高齢者の運転免許自主返納などで交通の手段が無くなり、今まで車で買い物をしていた方々が日常の買い物が自由に出来ないことを’買い物弱者’または’買い物難民と言います。ご家族が近くに住まれていて、買い物に一緒に連れて行ってもらえても、どこか心苦しいと感じてしまう高齢者の方や地理的な問題により、タクシーを使うと片道3000円とか5000円、往復すると6000円とか10000円など高額になってしまう気の毒な立地に住む方もいらっしゃいます。また足腰の悪い方や目の悪い方など身体的な問題で買い物に行けない方も多いようです。買い物難民もまた深刻な悩みの一つです。

町のニーズと一人のシェフの豊富な人生経験が見事に融合

岡山県吉備中央町の住宅地の中に静かに佇む隠れ家的レストラン’BERNESEベルネーゼ’をご夫婦で営むシェフ成田賢一さん40歳と奥様成田郁枝(ふみえ)さんはご夫婦がお二人とも興味深い経歴の持ち主です。シェフの賢一さんはフランスの料理学校で学び、ドイツでもお仕事の経験があります。賢一さんの作るオリジナリティー溢れた、病みつき必至の焼きモッツァレラチーズが乗ったオムライスや地産地消のお野菜がゴロゴロと付け合わせのジューシーな鉄板ハンバーグなどを楽しみに岡山市内から常連さんが訪れるほどだそうです。また奥様の郁枝さんもイギリス留学経験を持ち、現地でお菓子作りを学んでいらっしゃり、郁枝さんが手作りするケーキも大評判だそうです。店内にはBeatlesビートルズが流れる素敵な空間です。もともとは一緒にカフェを始めたそうですが、途中で賢一さんが料理の修業に出られた際にドイツのフランクフルトで日本企業へのお弁当の販売、配達をはじめ、市内や市外へ日本の食材やお惣菜を一軒一軒販売する移動販売を経験されたのだそうです。現地での賢一さんの興味深い修業経験がまさか今後の吉備中央町のニーズとマッチする結果になるとは思わなかったでしょう。その後賢一さんが目の当たりにしたのは町民の24.8%、ほぼ4分の1にもあたる約3000人方が普段の買い物に不便さを感じているというアンケート結果でした。’ひとりでも多くの買い物弱者を救いたい’と自身の豊富な経験を活かし、賢一さんは行動に移します。吉備中央町のご高齢者のニーズと賢一さんの貴重な人生経験が奇跡にピッタリと融合した瞬間でした。

’買い物弱者を救え!’吉備中央町の移動スーパー’ロンドンさん’の試み

買い物弱者のご高齢者の間で’ロンドンさん’と親しまれる、移動スーパーロンドン1号は今から6年前2013年11月11日に始まりました。ランチタイムが落ち着く14時過ぎにはエプロンを外し、スーツ姿で正装する賢一さん、シェフから気持ちを切り換えて、移動スーパーロンドン1号の店長さんに変身です。移動スーパーとは言えど、大型冷蔵庫も完備し保健所の認可も下りた立派なスーパーで、なんと日用品や野菜、果物、お肉にお魚、刺身などの生鮮食品に冷凍食品、飲み物、お菓子、お惣菜まで400品目を搭載しています。みなさんが覚えやすい名前を付けたそうですが、ビートルズ好きや、奥様の英国留学なども関係があるのでしょうか?一日の走行距離は70から190m、月から金に定期的に巡回をしています。一日に20件ほど廻るそうですが、スーパーが家の玄関先まで来てくれるとなれば、足腰の悪いおじいちゃんおばあちゃんには力強い頼みの綱なのではないでしょうか? 奥様の郁枝さんの手作り弁当は栄養バランスを考え、おかずの品数もたっぷりで1食450円、この愛情弁当を心待ちにしている方もたくさんいるようです。買い物をしたものを家の中に運び入れたり、おしゃべりをしたり、立地によって孤立している高齢者の方にとって、社会とつながる貴重な絆にもなっているようです。賢一さんは毎週同じ方の家を訪問する上でお得意様の安否確認も大事な役目になっていると話されていました。市町村との連携も出来ていて素晴らしい取り組みだと思います。また岡山北警察署の”犯罪が起きにくい社会づくり”推進事業所としての地域での防犯活動もされていて、お得意様への防犯情報の提供と伝達、子供の見守り活動、高齢者宅へ訪問の際の安否確認をしているそうです。
明治🦉じいちゃん:
運転免許を返納してからは不便になったぞぉ。最近はばあさんも運転免許を更新しなかったからのう。外出せんのう。人と話すことがめっきり減ったよ。
大正🦉ばあちゃん:
洗剤やトイレットペーパーは🦆くんに言えば注文してくれるんじゃよ。宅配じゃよ。スーパーでも宅配してくれるんじゃけど、果物や生ものはやっぱり自分の眼でその場で選びたいのぅ。女性にとって買い物は楽しみでもあるからのぅ。

西日本豪雨による仮設団地7か所へも

 

成田さんご夫婦のレストランベルネーゼは毎週木曜日が定休日だそうです。でもご夫婦にとっては定休日ではありません。賢一さんは1時間かけて倉敷市、総社市の仮設団地へ移動スーパーを走らせます。このエリアは去年の西日本豪雨で被害に遭った方がまだ仮設団地で暮らされています。団地は立地的に何もない場所にあり、生活支援のために定休日を利用して遠出をし、買い物弱者を支援しています。
現在では一台だけでなく、二台目、三台目を展開し、ますます多くの買い物難民を救済しているようで頼もしい限りです。ちなみに’ロンドンさん’のナンバー1は30種を超えるお惣菜だそうです。1週間分まとめ買いをする高齢者の方も多くいるので、選択肢が多いのは喜ばれることでしょう。真夏にはアイスクリームが人気だそうです。移動販売の地域もどんどん広がっています。美作市、岡山市、真庭市、倉敷市、総社市、吉備中央町、美咲町となっています。採算的にはギリギリだそうですが、市町村や自治体は助成をすべきくらいの働きだと思います。

移動スーパーロンドンの夢は社会から’買い物弱者’と言う言葉が消え、誰もが自由に買い物が出来る、買い物に困る人が居ない社会になることだそうです。
https://k-franklin.com/london/

https://k-franklin.com/bernese/

平成🦆くん:
オーナーシェフの賢一さんは高校2年生の時にガンを患い、余命三ヶ月宣言を医師から受けて厳しい闘病生活に打ち勝って奇跡的に回復したそうです。闘病中にはもしこの病室を出られるなら少しでも人の役立つことをしたいと思ったそうです。本当に強い人は弱者の気持ちがわかる人、優しい人なんだと思いました。ポンポーン(Exsitのマネ)

道の駅やコープ、地域の大手スーパーと提携、移動販売とくし丸

 

2012年に2台から始まった徳島県が本部の’とくし丸’は全国27都道府県で100台ほどが買い物難民の救済をしています。移動スーパーの難しさは手間や人件が掛かるのに比べて採算が合わない状況にあり、自治体の助成でやっと成立している場合が多いのですが、このとくし丸は業績を上げています。まず本部から車を購入してフランチャイズのような契約を結びますが、あくまで個人事業主です。地域のスーパーは徳島の本部と契約を結び、契約金と月々3万円の商標料を支払いますが、それだけで移動販売車が月々100-200万円売り上げが増えるそうです。個人事業主の販売員は総売り上げの中から17%を取り、残りは本部の取り分です。それでも月収30‐40万円が見込めるそうですし、何より助かるのは売れ残った商品はスーパーが引き取ってくれるシステムです。これで在庫を抱えるリスクがありませんし、昔の御用聞きのようにお得意様の嗜好傾向や備蓄の様子を把握しているので週2回同じ曜日、同じ時間にお得意様の家まで訪問して1日50件ほど巡回するため、利益率は高いそうです。驚きなのは提携したスーパーの店頭価格より10円高く売るだけで利益が出ていることです。年中自然災害に晒される日本では各地で仮設団地や仮設受託に住む災害被害者の方や高齢者の方がいますのでこうした移動販売のニーズはまだまだ広がりを見せるのではないでしょうか。

高齢者のための究極のセレクトショップ

移動スーパーの商品は約400品目ですが、販売員のひとりひとりが究極のパーソナルショッパー(個人の好み、嗜好しこう、ニーズを理解して選りすぐりの商品をお届けすることでお得意様の究極のセレクトショップになるそうです。毎週2回顔を合わせコミュニケーションを取ることで可能になる絆から高齢者の要望(ようぼう)に何でも答えられるコンシェルジュのような御用聞きを目指しているそうです。
モットーは売り過ぎません、捨てさせません
とくし丸さんは高齢のお客様に寄り添うために、全国の地方自治体と’見守り協定’を結び、高齢者のお得意様の安否確認や見守り役の役目を果たしていくそうです。また昔から続く個人商店との共存を考えているため、300mルール(徒歩圏内マーケット)には入り込まない、個人商店の営業に負荷(ふか)を与える行為をしないことを心掛け、共存を選択しているそうです。
昭和🐧さん:
隣の80代のお爺さん、いつも杖(つえ)突きながら足を引き摺って買い物に出掛けてるわ。ロンドンにも移動スーパーあればいいのに。スーパーの宅配を説明して思いものは宅配にしたら買い物が楽になるよって言ったら、誰だかわからない人間が家に入って来るのが信用出来ないそうよ。🐧もセレクトショップ、パーソナルショッパー、欲しいわ! 自宅まで来てくれるなら50円くらい高くても仕方がないと思うから、大手スーパーの店頭価格(てんとうかかく)プラス10円だけってすごくない?
近くの激安スーパーは人がごった返してお会計が済むまで酷いと30分以上並ぶことあるの。もう一つの激安スーパーは遠いし…たった10円高いだけなら🐧の玄関先まで来て欲しいわ!

まとめ

少子化高齢化が進む日本ではいろいろな新しい取り組みがもう既に始まってしるようですね。警察署も地方自治体も大手スーパーマーケットも個人商店さんも連携プレーで共存し合って、協力し合っていく姿勢、素晴らしいですね。独居(どっきょ)高齢者の方が孤独にならない取り組み、社会のカタチ、週に1度でも誰かと触れ合い、お話が出来るシステムまで加わって買い物弱者、買い物難民を救済する和が広がっています。どんどん広がって行けば、’ロンドンさん’の夢、買い物弱者と言う言葉が消える日がいつか来るかも知れません。

unitasconcordia

投稿者の記事一覧

このサイトには時折りキャラクターさんたちが登場して手助けしてくれたりしています。みんなとても頼りになる存在です。
それぞれ年齢も性別も性格も人生経験も出身地も異なりますが、
仲の良いファミリーのような仲間たちです。個々の様々な経験や文殊の知恵を活かしていろいろな情報を伝え発信してくれます。

ミミズクじいちゃんは物知りで明治生まれの元気なおじいちゃんです。
ふくろうばあちゃんはスマホも使いこなすモダンでハイカラな大正生まれです。
🐧さんは好奇心旺盛で知らないことを探求し学ぶのが大好きなちょっぴりメタボな昭和生まれです。
ダックくんは流行に敏感でオシャレ自慢、いつもSNSが離せない平成生まれです。
🐣ちゃんはみなさんと一緒に初めの一歩に挑戦し、わからないことを質問し、新しく学び吸収するのが大好きな令和元年生まれです。

このサイトでのみんなの思いは明治、大正、昭和、平成、そして令和、それぞれの世代がそれぞれお互いを尊重し合い、手を取り合い、助け合い、一緒に協調、共存できる社会です。よろしくお願いします。

関連記事

  1. 難民問題を中高生が考える みんなで難民問題を考える”未来を担う中高生一人一人が当事者に”
  2. 令和―美しい調和 まるわかり新天皇御即位から一般参賀・祝賀パレードまで徹底解説
  3. ムーミン谷飯能市 【飯能市】ムーミン谷が新オープン、入園料は?アクセスは?徹底調査…
  4. トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園 トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園と森林文化都市飯能観光まとめ…
  5. ロイヤルベイビー ヘンリー王子 我が子誕生に”今まで想像できなかったほど最高の経験…
  6. 高齢ドライバー 高齢ドライバーの運転免許自主返納を家族で話すための予備知識まとめ…
  7. 大英博物館展示 大英博物館のマンガ展、貴重な手描き原画まで出展 現地徹底まとめ
  8. 吉本興業ジャニーズ事務所 大手ジャニーズ事務所と吉本興業が公正取引委員会から圧力で注意勧告…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【ロンドン】リトルベニスからリージェンツ運河抜けカムデンマーケットまで散策 ロンドンリトルベニス散策

ピックアップ記事

  1. 高齢ドライバー
  2. トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園
  3. ネット偽サイト最強パスワード
  4. 移動スーパーロンドン
  5. 吉本興業ジャニーズ事務所
PAGE TOP